【読書】暮らしのつなぎ方

内田彩乃さんの本です。
「暮らしのつなぎ方」と「旅のかたち」
2冊続けて読みました。

「暮らしのつなぎ方」は2017年発行で
50代に入り、暮らしを見つめて少しずつ変えたり
今のままのやり方でいようと決めたり。

そんな暮らしぶりを一緒に見ていける内容です。

更年期とい身体の中が大きく変わる年頃ですね。
生理があるのとないのとで、ガラッと変わる人もいると思います。
私自身はそんなに大きな変化はなくて、静かにこのまま閉経なの?って緩やか沙です。

汗をかくタイミングが今まと違うなぁ
ちょっと疲れが残りやすくなったかなぁ

そんな感じはあるけれど、こんなもんなかなと思える程度です。

内田さんの本は初めて手にしました。
本屋さんではよく見かけていました。ファンも多いんだろうなぁ。

少しお姉さんなんですね。
暮らしを見つめる時に内田さんの本を手にするのは今の私に合っているかもしれません。

暮らし方や旅の仕方は全然違います。
私は荷物はできるだけ少なくしたいし、事前準備も最低限だし。

そういうこととは別の、
時間の流れの感じ方というのかな、少し近い部分があるように感じました。


私も少しずつ暮らし方を整え中です。
50代にできることってあると思うんです。

関連記事

ページ上部へ戻る