• 2006.12.27
  • 「永遠の途中」 唯川恵 はコメントを受け付けていません

「永遠の途中」 唯川恵

永遠の途中
永遠の途中
唯川 恵
「永遠の途中」 唯川恵
        光文社 1400円
ラジオで竹内まりやさんが最近はまって唯川さんの作品を
読みまくってます、と話されていたのに刺激を受けて
私も久しぶりに唯川さんの作品を読みました。
竹内まりやさんの曲の世界観に似てるといっていたのですが
この作品もそういう雰囲気あるような気がします。
「どうしてもっと自分の生き方に自身をもって来なかったの
だろう」
帯に書いてある言葉です。いいのかな、これでって思うとき
手にとって欲しい1冊です。
自分の人生の主役は自分以外ありえないこと、わかると思います。
            (ISBN 4-334-92394-1)

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る