• 2006.10.12
  • 『失語症の在宅訪問ケア―続 失語症者、言語聴覚士になる』平澤 哲哉 はコメントを受け付けていません

『失語症の在宅訪問ケア―続 失語症者、言語聴覚士になる』平澤 哲哉

失語症の在宅訪問ケア―続 失語症者、言語聴覚士になる
失語症の在宅訪問ケア―続 失語症者、言語聴覚士になる
平澤 哲哉
『失語症の在宅訪問ケア―続 失語症者、言語聴覚士になる』平澤 哲哉
                    雲母書房 1800円
失語症の人はとてもたくさんいるのに、言葉が出ないから
なかなか外にも出ない。
そんな人達の理解者が言語聴覚士。と本を読んで思いました。
理解されない苦しみをわかるのは難しいけど、心を開くことで
コミュニケーションが取れていくのでしょう。
大切ないろんなことに気がつかせてくれる本です。
           (ISBN 4-87672-186-6)

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る