『図書館への道―ビルマ難民キャンプでの1095日』渡辺 有理子

図書館への道―ビルマ難民キャンプでの1095日
図書館への道―ビルマ難民キャンプでの1095日
渡辺 有理子
『図書館への道―ビルマ難民キャンプでの1095日』渡辺 有理子
               すずき出版 1600円
図書館に自由にいけるって幸せなこと。
本がほとんどない難民キャップに図書館を作った話を読んで
ますますそう実感しました。
日常的にも旅行先でも図書館を利用する私は恵まれた環境にいるんですね。
国内でも図書館のない街はたくさんあるそうです。
それでも、日本では本屋さんがあったり地方にいてもネットで買えたり。
本を読めるって本当に素敵。
この本を読んで再発見して欲しいです。
              (ISBN 4-7902-9103-0)

楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!



関連記事

TOP