『最後に咲く花』片山 恭一

最後に咲く花
最後に咲く花
片山 恭一
『最後に咲く花』片山 恭一 小学館 1400円
生きる、そのことのいろいろに触れられるお話です。
「彼女はいろんなものを捨ててきたのだと思う」
治らない病に向き合う時、きっと私もいろいろなものを捨てること
手放すことを受け入れていくでしょう。
彼女の心のいろいろは語られていないいど、静かで力強い瞳を
感じることができました。
         (ISBN 4-09-386148-X)

関連記事

TOP