『ひとり介護―母を看取り父を介護した僕の1460日』 岡山 徹

ひとり介護―母を看取り父を介護した僕の1460日
ひとり介護―母を看取り父を介護した僕の1460日
岡山 徹
『ひとり介護―母を看取り父を介護した僕の1460日』 岡山 徹
                 ダイヤモンド社 1500円
高齢者が増え、介護が身近になり、介護の現場が見えてくるように
なりました。介護は昔からあったもの。昔は家の中でひっそりと。
今はそれではあふれてしまう状況なのでしょうね。
嫁がするものだった介護が、できる人がする介護にかわっています。
この本は、次男の息子が両親を介護した1475日の話。
この本を読んで何を思いますか?
              (ISBN 978-4-478-00588-2)

関連記事

TOP